エックス線室防護工事

山本商会のエックス線室防護工事

エックス線は人体に影響を及ぼします

必要以上にエックス線を出さないようにするには防護工事が必要です。


レントゲン装置の設置してある部屋(エックス線室)を防護するわけですが、防護する壁の基準はコンクリート10cm=鉛板 1mmとなりますが通常はコンクリート20cm=鉛板2mmが最近の基準となっています。


Photo: エックス線イメージ

エックス線室の防護を強化

エックス線室を作るには壁・天井・フロア(真下が地中の場合は不要)・扉 覗き窓(鉛入り)の防護が必要となります。また、エックス線を向ける方向によって防護を強化する必要があります。


※詳細は、お電話(042-590-3181)またはメールフォームからお問い合わせください。

LISENCE

高度管理医療機器等販売業賃貸業許可証
東京都許可 第4502200400002号
埼玉県許可 第4444-14号

高度管理医療機器等販売業許可証
埼玉県許可 第3-11号

古物商許可証番号
東京都公安委員会許可 第308790607896号

機械工具商許可証番号
埼玉県公安委員会許可 第431320017541号

産業廃棄物収集運搬業許可証
東京都許可 第13-00-156590号
茨城県許可 第00800115690号
千葉県許可 第01200156590号
神奈川県許可 第01402156590号
埼玉県許可 第01100156590号

株式会社 山本商会

本社

〒339-0011 埼玉県さいたま市岩槻区長宮633番地1 ≫詳しい地図はこちら
TEL 048-799-1405

東京支店

〒207-0015 東京都東大和市中央4-1061-3 YSビル ≫詳しい地図はこちら
TEL 042-590-3181